体験入学で注意するポイント
2016.12.20

subimg01音楽教室にはさまざまなタイプがありますが、その中から自分の好みや目的に合ったものを選ぶためには、まず体験入学をしてみることをお勧めします。このサイトではいろいろな教室の授業の内容だけでなく、体験レッスンの特徴に関しても取り上げているので、申し込む際に役立つはずです。

音楽教室の中でも、子ども向きの教室での体験入学は特に大切です。就学前の児童では、教室の中で聴く音楽としてはそれが初めてになる可能性があり、このときの記憶はその後に大きな影響を及ぼすと考えられるからです。ここで楽器の音や歌が好きになれば、学校に入学してからの音楽の授業が好きになる可能性が大きいですし、その後も自分が歌ったり演奏したり聴いたりする形で、音楽は心を支えてくれるものの一つとなることでしょう。そんな音楽との関係を築くきっかけとなる体験レッスンで注意するポイントは、子どもが楽しんで笑顔になれるところを選ぶということです。音楽の教室に幼児を通わせる場合は、子どもが音楽を好きになるようなところを選ぶことが大切なので、体験レッスンも子どもが音楽を嫌いにならないように、その性格や好みを考えて申し込むようにすることをお勧めします。また、体験レッスンでのもう1つのポイントは先生の教え方です。教師の音楽的なレベルも大事ですが、子どもが好きで、音楽の素晴らしさを子ども達に教えることを第一に考えて教えているということも非常に大切です。

音楽教室は大人向けのものもたくさんあり、最近ではこちらの方も人気があるようです。大人向けの教室の場合は、はじめに自分が教室に通う目的をしっかりと把握しておくと良いでしょう。大人向けの音楽関係の教室に通う理由としては、歌や楽器のレベルアップを図りたい、全く初めての楽器に挑戦したい、昔少しだけやったことのある楽器をもう一度弾けるようにしたい、コーラスで仲間を作りたい、歌うことでもっと健康になりたい、などが考えられます。そして、体験入学を利用して、その教室が自分の目的に適したところかどうかを確かめてみることが大切です。この場合の注意点としては、個人が経営する教室の場合は体験レッスンで教えてくれる先生がその後の授業でも担任になるはずですが、大手の場合には体験レッスンの先生とは違う教師になることも多いということです。ですから、体験レッスンでの先生が良い先生だったということ以外に、カリキュラムや教室の雰囲気、教室としての特徴など先生以外の点でも魅力を感じるような部分がある教室を選ぶことをお勧めします。そして、できれば複数の体験レッスンを受けてみて、それらの特徴やメリットを十分に比較した上で、最も自分に適していると感じられるところに決めると良いでしょう。

▲ ページトップへ